人材をお探しの方

時短。サービス拡大と人件費抑制

週40時間制が施行され、時短は急速に進んでいます。
各企業の1時間単位の人的コストは「黙っていれば高まるばかり」の状況にあります。
ところが市場は完全な顧客主導型となり、各企業では「より高いサービスをより安価に」供給するために、厳しい企業間競争を余儀なくされています。
短期とサービスという相反する2つの要素を実現し、なおかつ企業が健全に営業していくためにはコストを下げるしかないのです。
そこで検討して頂きたいのは「業務委託システム」の活用、それも正社員やアルバイトの自然減を埋めていくような導入をお勧め致します。

コストダウン

事業拡大や新規事業に備えて、新入社員やアルバイトを雇用し、待機させておくことは得策とはいえません。
当社にお任せいただければ、求人費用等を大幅に節約、高齢化に伴う労務コストの上昇も抑えられ、各種社会保険料などの法定福利費や、通勤費補助など賃金以外の企業負担が必要ありません。

管理の省力化

新しくアルバイトや正社員を雇用されますと、勤務怠慢や給与計算等煩わしい作業が発生します。
当社ではそれらを一括してお引き受け致しますので、ご担当者の方に本来の業務に専念して頂くことが出来ますので、人材管理に費やす時間や労力が節約されます。

無駄のない人員配置

季節ごとの業務量の変化や、事業の拡大縮小に伴う人員の調整は、さまざまなトラブルが予測されます。
そこで御社正社員を要として、当社スタッフをその都度、必要人員配置することにより、変動する試験受託計画にも柔軟に対応出来ますので、業務の増減による雇用調整の必要がありません。
また、必要な時期、必要な時間帯への集中的な人材の投入も可能です。